会社案内  Information

トップメッセージ

社長画像

田村準也 Jyunya Tamura

Profile
1973年生まれ
株式会社タフスコーポレーション代表取締役社長

10代の頃からススキノで働き、2000年に株式会社タフスコーポレーションを立ち上げる。
飲食経験はほとんどないにもかかわらずわずか30席の小さなお店からスタートし、数々の失敗をしたが持ち前のガマン強さと根性で現在に至る。
ちなみにタフスとはTamura Food Serviceの頭文字が由来。

私たちが目指すもの~

私たちが目指しているものは「価値ある時間を提供すること」です。

価値とは企業が決める価値ではなく、お客様が思う価値を考え、それをかたちにして提供することがとても大切だと思います。
料理やお飲み物を提供することが私たちの目的ではなく「時間」を提供することがわれわれの目的です。料理やお飲み物は「時間」を演出する手立てのひとつであると思っています。

当社ではレストランバーと居酒屋の2業態を運営しております。業態が違うと求められる価値も変わり、時間の意味合いも変わってきます。

レストランバーは「日常」というよりは「非日常の演出」も必要で、店を知っていることが自慢できるくらいの雰囲気が大切です。
居酒屋では「公共性」が必要です。利用しやすい価格や立地、商品アイテムが求められます。

お客様が思う「価値」は常に変化しています。

この変化にスピーディかつ柔軟に対応できる現場が当社の強みです。
現場で働くスタッフがお客様を一番知っていて、何を求められ、どうすれば喜んでくれるかを知っています。

私はほぼ毎日どこかの現場に出ております。毎日が勉強で「このお客様は数多いお店の中からなぜ当店を選んでくれたのか?そして何に不都合を感じているのか?」といった生の声やお客様の反応が経営していくうえで必要不可欠となっております。

やはり飲食店は現場が主体でなければ「価値ある時間提供」は実現できないと思います。

今後のビジョン~

2013年から北海道由仁町でスタートした自社農園「タムラナチュラルファーム」はタフス各店に野菜を供給するだけにとどまらず、パンやドレッシング、ソース、ジュースなどの加工品の製造も始めます。
鶏卵やイチゴ農園も体制が整い次第、事業化していく考えです。

社員育成に関してはスペシャリストの育成に力を入れていきます。

ワインのソムリエ、日本酒の利き酒師、野菜ソムリエ、チーズコーディネーターなど資格取得を推進し、お客様により豊かで幅の広いサービスの実現をめざしております。

今後の出店に関しては、1年に一店舗のスピードを守っていこうと思います。

レストランバー、居酒屋以外にベーカリーレストランやカフェの出店も検討しており、1万人を超えた当社のメンバーズ会員様に末永くお付き合いをして頂ける店舗展開を考えております。

今後も有意義で価値ある時間提供をスタッフ一丸となって取り組んでまいります。

経営理念

多くのお客様に有意義で価値ある時間を提供する

お客様が求める以上の付加価値を提供することが私たちのミッションである

会社概要

商号 株式会社 タフスコーポレーション
所在地 北海道札幌市中央区南3条西4丁目16-1 ワカツキスクエア 7階
設立年月日 2000年 3月21日
資本金 1000万円
従業員数 70名(PA含む)

沿革

2000年 7月 無国籍屋台 KAKURE食房オープン
2001年 9月 ダイニング nouvell emisiオープン
2003年 10月 ダイニング Hana Sakuraオープン
2004年 9月 KAKURE食房閉店
2004年 10月 ダイニング SHUNKANオープン
2005年 8月 イタリアン Trattoria ioオープン
2007年 9月 居酒屋 樂一樂坐オープン
2008年 3月 nouvell emisiからDining DUOにリニューアルオープン
2008年 7月 居酒屋 くろちゃんオープン
2009年 9月 Trattoria io閉店
2011年 8月 ダイニング the Baratie ocean clubオープン
2012年 3月 Hana Sakuraから居酒屋 桜日和にリニューアルオープン
2012年 7月 Dining DUOを閉店しPizzeria&Bar PACEをオープン
2013年 3月 自社農園 Tamura Natural Farmスタート
2013年 8月 居酒屋 燦醸小町オープン
2015年 6月 居酒屋 燦醸小町大通り店オープン
2017年 3月 BISTRO BON TABLOID TABLEオープン
2017年 3月 大地の青果店オープン

ページトップへ